子供たちの力

こんにちは所長です、ついに東京でもしっかりと積雪がありました。
先日ウェスタ川越で毎年恒例の参加型主催事業が行われました。「コンサートをつくってみよう」というタイトルの子供たちの参加を主とした事業で、昨年の夏から毎月一回コンサートを実施するため計7回ののワーキングを続けて最終回は本物のコンサートを子供たちだけで実施するというものです。
もぎりでのチケッティング、観客誘導、影アナウンス、曲目や楽器の解説、舞台技術といったコンサートで必要とされる様々な仕事をすべて子供たちが行いました。所長は最初は無理だろうと思っていましたが、子供たちの吸収力は抜群でなかなか素晴らしい出来であったと感じています。
こういった参加型の事業はなかなか思うように進まないこともあるので、必ず成功する訳ではありません。大切なことは参加者のやる気を引き出し、丁寧にアドバイスを行うことが大切です。今回はウェスタ川越のスタッフもより丁寧に参加者と付き合ってきた成果が出たと思っています。
と、良い気分で帰ってきた所長でした。久しぶりの雪かきは結構シンドイものでした。
IMG_1079.jpg

この記事へのコメント